国家公務員試験1種2種の受験資格と試験内容

スポンサード リンク

国家公務員1種と2種の仕事内容とは

国家公務員になるには国家公務員試験を受け、最終的に採用されることが必要です。それでは国家公務員の仕事とはどういうものなのでしょうか。

国家公務員1種は、いわゆる「キャリア組」と呼ばれ,官庁の幹部候補生として入省し、本省庁内、あるいは地方、海外とを交互に異動し、昇進していきます。

仕事内容は省庁によって異なりますが、主に事務職(法律職、経済職、行政職)では

業務に伴う予算の編成事務

政策の企画立案・法律の制定・改正・適正な運用の指導等の許認可業務

地方の異動先での、本省庁決定事項の執行

を行います。

他に

人間科学T−心理技官として少年鑑別所や少年院で指導・監督を行う

人間科学U−保護監察官として少年の保護観察を行う

農学I(農学科学系)−技術の研修や情報の提供

農学II(農業工学系)−農業水利事業所での業務や国営灌漑排水事業における事業管理、その他研究職

農学III(森林・自然環境系)−自然保護官(レンジャー)

農学IV(水産系)−主な採用先は農林水産省、水産庁

理工I−一般工学系

理工II−数理科学系

理工III−物理・地球学系

理工IV−化学・生物・薬学系

の区分があります。

国家公務員2種は、国家公務員1種が企画立案した政策を各省庁・地方支分部局で実施します。行政と技術に分かれ、技術では物理、電気・電子・情報、機械、土木、建築、資源工学、化学、農業土木、農学、林学に分類されています。

国家公務員試験の採用までの試験の流れ

国家公務員試験のレベルは、1種(T種)試験が大学卒業程度、2種(U種)試験が大学卒業又は短大卒業程度、3種(V種)試験が高等学校卒業程度となっています。それぞれレベルを定めたもので、学歴による受験制限はありませんが、年齢による制限があり、満たさない場合は受験資格がありません。

国家公務員試験には、1次試験と2次試験があります。

1次試験は筆記試験が行われ、教養試験・専門試験・論文試験(専門試験内の記述式の試験)・専門記述式試験(作文)が行われます。

2次試験は個人面接や集団討論が行われ、以前は問題のある人物のみ落とす、というのが基本でしたが、近年は「人物重視」傾向に変わっています。

国家1種(T種)・2種(U種)には「官庁訪問」という独特の面接・採用のシステムがあります。

国家I種では、2次試験合格発表後に官庁訪問が解禁になり、官庁訪問し適格と判断されれば採用内定が得られます。

国家II種では、1次試験の合格発表後に、合格者が採用を希望している官庁などを訪問し、面接を受けます。ただし人事院による面接試験(2次試験)に合格しなければ「最終合格者」とならないため、官庁からも最終的な採用内定は受けられません。

さらに、適正試験・適性検査(性格検査)・身体測定・体力測定などが実施されます。

国家公務員試験の採用までの試験の流れ

国家公務員試験のレベルは、1種(T種)試験が大学卒業程度、2種(U種)試験が大学卒業又は短大卒業程度、3種(V種)試験が高等学校卒業程度となっています。それぞれレベルを定めたもので、学歴による受験制限はありませんが、年齢による制限があり、満たさない場合は受験資格がありません。

国家公務員試験には、1次試験と2次試験があります。

1次試験は筆記試験が行われ、教養試験・専門試験・論文試験(専門試験内の記述式の試験)・専門記述式試験(作文)が行われます。

2次試験は個人面接や集団討論が行われ、以前は問題のある人物のみ落とす、というのが基本でしたが、近年は「人物重視」傾向に変わっています。

国家1種(T種)・2種(U種)には「官庁訪問」という独特の面接・採用のシステムがあります。

国家I種では、2次試験合格発表後に官庁訪問が解禁になり、官庁訪問し適格と判断されれば採用内定が得られます。

国家II種では、1次試験の合格発表後に、合格者が採用を希望している官庁などを訪問し、面接を受けます。ただし人事院による面接試験(2次試験)に合格しなければ「最終合格者」とならないため、官庁からも最終的な採用内定は受けられません。

さらに、適正試験・適性検査(性格検査)・身体測定・体力測定などが実施されます。

国家公務員試験の詳しい試験内容

教養試験

数的処理−数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈

文章理解−現代文、古文、漢文、英文

人文科学−日本史、世界史、地理、思想、文学・芸術

社会科学−政治・経済、時事

自然科学−数学、化学、物理、生物、地学

専門試験(行政職(事務職)の例)

法律系科目

憲法、民法、行政法が主

職種によって、刑法、労働法、商法など

経済系科目

憲法、民法、行政法が主

職種によって、経営学、会計学、経済史、経済事情など

行政系科目

政治学、行政学が主

職種によって、社会学、国際関係、社会政策など

論文試験(専門試験内の記述式試験)

一般(教養)記述式試験とよばれる。公務員試験であるため、現在の社会問題に対する関心が試される。また、公務員になって取り組みたいことなど、意欲や展望を述べるものも多い。

専門記述式試験

憲法、民法、経済学、政治学などについての論述試験。一部の試験種でのみ課される。

面接試験

志望動機や、自分の長所・短所、学生時代について、企業での経験(既卒)、最近気になっているニュース、なぜ公務員か、公務員になって何をやりたいのかが一般的な質問内容。

国家公務員の給与

国家公務員の一般職は、「一般職の職員の給与に関する法律(一般職給与法)」により給与が定められています。

また、検察官は一般職の国家公務員でありながら例外で、「検察官の俸給等に関する法律」に基づいて給与が支給されます。

国家公務員の特別職は、国家公務員法や地方公務員法の適用を受けず、給与に関しては「特別職の職員の給与に関する法律(特別職給与法)」に基づき支給されます。

また、特別職の中でも、国会職員、裁判所職員(裁判官を含む)、防衛省職員(自衛官を含む)等の一般職に近い性質をもつ公務員は、特別職給与法ともまた別の法律によって給与が決まっている。例えば、「防衛庁職員」は、「自衛隊法」「防衛庁職員の給与に関する法律」による。しかしこのような法律があっても、一般職に準じた俸給表を採用しているものが多いようです。

非現業の一般職員は、公権力に直接係わる職務という特殊性から、労働基本権を制限され、その代償措置として人事院による給与勧告制度と勤務条件に関する行政措置要求の制度がある。ただし、ともに勧告、要求であり、法的な拘束力はありません。

スポンサード リンク